村上春樹

わかりやすいけどよくわからない文章を書く、と思っていたけれど。
このカタルーニャ国際賞でのスピーチは読みやすい。
聞いていた人の頭にも、すぅっと入ってきたことだろう。
自分の中でぐるぐる回っていた言葉が、「私の頭の中がどうしてわかったの?」っていうくらいすっきり表現されている。
でもね、「非現実的な夢想家」って言葉はよく分からん。
二重にぼやけてて、そんなで姿勢で現実を変えられるんだろうか。

大江健三郎がノーベル賞を取った時のスピーチ「あいまいな日本の私」を読んだ時と同じくらい、作品とスピーチのギャップを感じた。
で、好きな文章。
カタルーニャ国際賞(上)
カタルーニャ国際賞(下)
[PR]
by keikolilac | 2011-06-10 20:48 | などなど