沖縄生活&子育て日記


by keikolilac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:妹でした!( 18 )

タオルか!

b0018946_19481344.jpg

勢いよく食いついてみたものの、タオルと知って残念そうなあーちゃん。
[PR]
by keikolilac | 2011-05-16 19:48 | 妹でした!

今日もあーちゃん

今日もあーちゃんの話題。
最近おしゃべり上手になって、よく意味不明なことを言っている。

おととい美容室デビューし、こざっぱりと少女らしく(むしろ少年らしく?)なった。
「ふふふ、、ちんちくりんになったねぇ」と声をかけると、
半ギレモードで「ちーがーうー!、あやかーはポンポコリンー!!」と言い返された。
それはそれであたってるんだけどね。

ラブコールも激しくて、「おかーしゃーん、ぷにょぷにょしてるからスキ・・・」などと言ってくれる。
一人で一生懸命しゃべっているんだけど、半分くらいしか分からない。
らりるれろ、が苦手で、やいゆえよ、になってしまう。
「だかやね~」「あいやと、あいやと(ありがと、ありがと)」「どえ?」「なにしてうの?」など。
ピノコみたい。

かーやーにもこんな時期あったなぁ、でもすぐに終わっちゃって、アタリマエのことしか言わなくなっちゃった。
もったいないから、マメに記録したいのだけど、なかなか時間がなく。。。
[PR]
by keikolilac | 2010-01-26 22:25 | 妹でした!

あーちゃんの成長  ?

3歳と2ヶ月。
髪の毛も伸びてきて、ようやく外出先でも女の子と認知されるようになってきた。
昨日もマニキュアをつけてもらって、何度も手を上にかざして「きらきら、きらきら・・・」とつぶやく。わが子ながらかわいい。
で週末に、意外な面をみつけたので紹介します。

1.テレビのヒロインに同情して泣く
琉神マブヤーの最終回。マジムンの策略で縛られながら木になっていくヒロインを見て、ポロリポロリと涙を流していた。
終わった後に、「ゆい、なおったね」という。「かわいそうだったね?」と声をかけると、ウンとうなづいた。
自分が感じたことを言葉に表すことはまだ難しいようだ。
学校の先生からも、「絵本の読み聞かせのときの集中力がすごいよ」といわれていたけど、確かにすごい集中力。しかも、想像力もあるってことだ。
まだ3歳、されど内面の成長はあなどれないようだ。

2.チキンを骨まで食べる
みんな大好きな手羽揚げを買ってきて夕食のおかずにした。
みんないっせいにかぶりついたのだが、しばらくしてあーちゃんのところからは妙な音が。
「えへえへ」と満面の笑みを浮かべて、「ばきっばきっ」と手羽の骨をかみくだいている。
「やめてよ~」とお願いしても、ニヤつきながらバキッガリッをやめず・・・。
この世のものとは思えないような姿でぞーっとした。
残った骨は、中央部の3cm程度のみ。まるでタスマニアデビル(実際はこのイラストよりかわいいのよ)だ~。
[PR]
by keikolilac | 2010-01-18 10:42 | 妹でした!

もう七五三

あーちゃん、もう七五三の年になった。
おばあちゃんから被布をプレゼントしてもらい、おめかししてかわいくにっこり。

写真はコチラ。
b0018946_20181668.jpg

[PR]
by keikolilac | 2009-11-19 21:12 | 妹でした!

あーちゃん、誕生会

b0018946_1953939.jpg

ドレスは嫌がっていたけど、先生に説得された様子。
[PR]
by keikolilac | 2009-10-23 19:05 | 妹でした!
札幌のドーミーインで。
簡易キッチンのシンク下から出たり隠れたり。
よっぽど楽しかったよう。


[PR]
by keikolilac | 2008-09-18 21:22 | 妹でした!

無印怪人出現

b0018946_17551590.jpg

顔がずれやすいのが弱点。
[PR]
by keikolilac | 2008-05-11 17:55 | 妹でした!

なぜそんな顔を・・・!

一瞬ブームだった、あーちゃんの変な顔。
どうしてそんなことを?って疑問が浮かぶ。
[PR]
by keikolilac | 2008-05-08 06:19 | 妹でした!

クリスマス会

去年の出来事、まだアップできてないことがあった。

それはあーちゃんの学校のクリスマス会のこと。

子供の数は50人程度の小さい保育園だが、逆にアットホームで優しい雰囲気の保育園である。
かーやーが行っている公立保育所とは大違い。かーやーの保育所は150人規模で市内ではトップクラスの大きさなのだ。0-1歳児も12人いる。
現在のあーちゃんのクラスは全部で6人。一番小さい子で生後7ヶ月だが、それ以外の子はみんな1歳過ぎて歩き回っている。
実はかーやーも今の保育所に入所するまで通園していた。

十二月のある土曜日に、クリスマスパーティをするという。
持ち寄りパーティだというが、当日は仕事なので簡単にできるバナナ入りホットケーキを朝から焼いてもたせた。(芸がないもので)
プレゼント交換をしてそれなりに楽しんだようす。

週があけたら、保育園からクリスマス会の協力のお礼という手紙が届いた。
「子供の行事に参加したい、見学したい」という父兄がたくさんいたのだろうが、今回は子供だけでやることにしたようだ。
かわりに、先生の目から見た会の様子を教えてくれている。

その手紙があまりにもよく書かれていて、読んでいると情景が目に浮かぶ。
子供たちがどんな姿をしていたか、どんな歌をどんな顔して歌ったか、サンタさんにどう声をかけたか、料理をどれだけおいしそうに食べてくれたか、中にはびっくりした子もいたこと、などなど。

先生たちの子供たちへのまなざしの暖かさが伝わってきて、この手紙を棄てられない。
が、置いておいてもどこかにまぎれてごみ同然になってしまうので、スキャンしてブログに乗せておくことにした。

先日、申し込みをしていた、あーちゃんの公立保育所の入所受けいれ許可の手紙がきた。
子供二人をそれぞれ違う保育所へ送り迎えするのは大変だし、行事も二倍で週末は大忙しである。
が、こんなに子供に愛情を注いでくれる先生たちのもとを離れるのは本当にさびしい。
園長先生に退園の件を伝えると、ほんのりさびしい顔をされて、「子供には広い場所がいいからね」と言われた。

(↓クリックすると読みやすくなります)
b0018946_15114826.jpg

[PR]
by keikolilac | 2008-02-11 15:19 | 妹でした!
ぽってりオムツ丸出しです。
こんなあーちゃんですが、ようやく一歳になりました。
最近は負けず嫌いの性格もだんだん明らかになってきました。

どうぞよろしく~~
[PR]
by keikolilac | 2007-11-04 08:27 | 妹でした!