沖縄生活&子育て日記


by keikolilac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

が~ん、哺乳瓶復活!

今日であーちゃん生後一ヶ月。

検診で体重測定したところ、3002gだった。
やったー!というところだが、実はこの一週間を見ると一日あたり20gしか増えていない。これはかなりぎりぎりらしい。
ということで、あしたから一日3-4回の搾乳追加となった。

はぁ~。また哺乳瓶消毒の日々だ~。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-30 18:44

サングラスだ~

b0018946_10144430.jpg

なぜか荷物の奥のほうからサングラスを二つ引っ張りだし、両方かけている。

かーやーは、以前よりかなり落ち着いてきた。怒ってものを叩いたり、大声を出したりことはほとんど無くなっている。

あーちゃんのことはかわいくてたまらない様子。
あーちゃんが泣いていると、ガラガラを集めてならしては、あーちゃんの頭の回りにガラガラの山を築いている。

このまま仲良しに育ってくれるとうれしい。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-30 10:14
先日先生とかーやーの最近の変化について話をし、家での様子、学校での様子を確認した。

学校では、友達に危害を与えることはなかったようで一安心。
おもちゃを壁に向かって投げる姿があったらしく、先生はその点が気になったようだった。

どうしたものかと相談したところ、先生からのご託宣は「かーやーは、お母さんを求めているようです」とのこと。
かーやーの最近の会話に、脈絡もなくたびたびかーさんの話題が出てくるのだとか。

でも家ではそんなそぶりはまったくない。
「かーさんはあーちゃんのもの、とーさんは自分のもの。だからかーさんはあーちゃんの所へ行ってて。自分はとーさんが居ればいいから」みたいに、むしろこっちを突き放しているかのようだった。
そう先生に伝えると、「本当は自分がかーさんに甘えたいのに、赤ちゃんに譲らないといけない、わがままを言って困らせてはいけない、など子供なりに気を遣っているのだ」という。

確かにこれまであーちゃんのおっぱいが大変でかーやーに構う余裕がなく、休日もとーさんに連れ出してもらい、お昼ごはんから昼寝まで二人で外で済ませてもらっていた。
かーさんやあーちゃんから離すことで自由時間を作ってあげていたつもりが、逆にストレスをためさせてしまったようだ。

ということでこの週末はなるべくかーさんと接することができるように、二人でお風呂に入ったり、家族4人で買い物に出かけたり、と一緒に過ごす時間を多くしてみた。
ひざに坐らせてゆっくり絵本を読んであげたら、うれしそうに何度も顔を見上げていた。
こころなしかイライラは落ち着いてきたよう。

たった2歳の子供でも、こんなに気を遣ってくれる。
けなげさに切なくなってしまった。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-27 00:14 | かーやー
あーちゃんが生まれる頃を境に、かーやーが乱暴になったような気がする。
退院後、特にこの一週間くらいは激しい。
もっているものを投げる、机をたたく、大声でわめく・・・などなど。
あーちゃんに対して攻撃の矛先が向くことはなく、ありがたいことにあーちゃんに対しては紳士的である。

どうやらこの変化は学校でも目に付くようで、「一度ゆっくりお話を」と先生から連絡が来た。

どちらかというと、嫉妬というより反抗期なのかもという印象。
環境の変化が引き金なのだろう。
どんな風に対処しようか、夫婦で相談し、まずは叱らずに肯定的に様子を見くことにした。

あーちゃん、本日体重チェックで、2870g。一日あたり32gの体重増加。
来週の一ヶ月検診までは搾乳なしで行ってみましょう、ということになった。
搾乳と哺乳瓶滅菌からは一時開放される。たすかる~。

そうそう、久しぶりに見たこの名前。火事、って放火?
佐賀大付属病院の病室から出火、女児けが
[PR]
by keikolilac | 2006-11-22 15:39 | かーやー

やった!

今日の体重チェックで、ようやく生下時体重に復帰していた。
搾乳も少し減らしていいらしい。
嬉しいことだ。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-16 23:26

あーちゃんです。

b0018946_1722327.jpg

生後10日目の体重がさらに減少していたため、搾乳が一日300mlへ強化され、ようやくじんわりと増え始めた。
明日の検診では生下時体重に戻っているといいな。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-15 17:22 | 妹でした!
産後数日の母乳過多分泌期間も、助産師さんたちの努力によって乳腺炎を起こすことなく乗り切ることができた。

安心したのも束の間、今度はどうも母乳の出が悪い?
どうもこの赤ん坊、(ブログではあーちゃんと呼ぶ)眠り姫なのだ。
おっぱいのとき以外ほとんど眠ってすごしている。
しかもおっぱいの間隔も、本人任せにすると普通に3時間おき。明け方なんかは4時間もあいちゃったりして。
しかも吸う力も弱く、飲んでいる間に疲れて眠り込んでしまう始末。
もちろん体重の増えが良いはずもなく、3日に一度の体重チェックに呼ばれることになってしまった。

そうなると直接授乳だけですむはずもなく、一日150mlの搾乳を命じられている。
あーちゃんは、かーやーよりもおっぱいを飲むのが上手だなぁと感心していたのだが、結局かーやーの時とおんなじ。
いや、ひょっとすると生下時体重が1kg少ない分、おっぱい単独になれる日はもっともっと遠いのかもしれない。

かーやーの時ほどの追い詰められた感はないものの、「またかぁ~~」と少しへこむ。

立会い出産を経験したかーやーは、あーちゃんと同居開始後も不安定になることなく落ち着いてすごしている。
搾乳された母乳が入っているカップを見て、自分も飲みたがる困り者ではあるが・・・。
これも立会いの効果か?
b0018946_18232093.jpg

[PR]
by keikolilac | 2006-11-08 18:24 | 妹でした!

そ、粗食…

b0018946_20115716.jpg

さすがはおっぱいに優しい病院。
物凄い粗食である。高脂肪、高エネルギー食で乳管がつまらないように、という配慮だそうだ。

主食は全粥、一日総カロリーはなんと1400kcalぽっち!そのうえ、差し入れにもさりげなくチェックが入る。
糖尿病の老人にでもなった気分。

産後わずか二日にして、既にジャカジャカオッパイの私にとって、このごはんはツライ。
粥の最後の一滴まですくって食べる気持ち、初めて分かった。正直言ってありがたくない。
[PR]
by keikolilac | 2006-11-01 20:11